So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

こころ旅

先日、火野正平が自転車で鹿児島の離島を旅した番組を見ました。

港では、ちょうど学校の先生が、赴任先だった島を離れる場面に遭遇しました。


別れのテープを握った人達が思い思いに船上の先生に声をかけながら、手を振ります。

ボーっという汽笛と共に船がだんだん遠ざかっていきます。

こんなシーンを見ると、すぐに胸が熱くなってしまうのは・・・


そういえば何年か前、利尻の雄姿を大画面で見たくて”北のカナリヤたち”を

映画館に見に行きました。

クライマックスは廃校での同級生たちの再会のシーンでしたが、

thISM1ANEQ.jpg

私達のクライマックスはその後に待っていました。

だれもがクールダウンしていくラストシーンで(ボ~[船]

不覚にも涙が止まらず、しばらく席を立つことができませんでした

th9CUP1RHN.jpg

全員が退場した後、一生懸命、涙を隠して映画館を出たことを覚えています。

 


nice!(0)  コメント(2) 

利尻〈冬物語〉

IMG_0177.jpg

庭の片隅に小さな春を見つけた日・・・

リュウさんの歌を届けます。


 利尻~冬物語~

板張りの家並み 雪の中

港に続く坂道は 足跡さえも見当たらぬ

温もり信じて生きてみる

利尻の冬が過ぎてゆく


何処から流れ どこに行く

急ぐ旅じゃないけれど 若さゆえの夢なのか

冷たい酒に酔い潰れ

利尻の冬が過ぎてゆく


赤いマフラー届いた日

無口な君がいるようで 素直になれず黙る奴

わたしだけって!叫んでる

利尻の冬が過ぎてゆく


冬の終わりに降る雪は

春の匂いを連れてくる 白くそびえる利尻富士

変わらぬ雄姿に涙ぐむ

利尻の冬が過ぎてゆく

p11.jpg


     

nice!(0)  コメント(0) 

利尻〈夏物語〉

水平線に 船が行く 遥かに望むオホーツク

赤く燃え咲く ハマナスが 悲しい別れを見守るように

利尻の夏が過ぎてゆく


山影写す 姫沼で 初めて知ったトキメキよ

風に揺れる エゾキスゲ さまよう旅人見守るように

利尻の夏が過ぎてゆく


色とりどりの 紙テープ 涙で濡れる 君の顔

夕日にもえる 黒ユリの 悲しく辛い 物語

利尻の夏が過ぎてゆく


何処かでいつか逢える日を 約束交わす ペシ岬

空に群れ飛ぶ 海鳥に 必ず会おうと 手を振って

利尻の夏が過ぎてゆく


 (2018年 リュウさん作詞作曲)

IMG_0954.JPG

利尻を出て40年以上たった今も、こんな歌が作れるんですね。

第2弾〈利尻~冬物語〉もあります。





nice!(0)  コメント(0) 

別れ

 今も島の人達に愛されている『別れ』は、1976年ゴエモンが島を出る前夜、一夜にして完成した曲です。

IMG_0594 - コピー.JPG

今度いつ会えるという約束もなく、

もしかしたらもう2度と会うことはないかもしれない、

そんな切ない思いを胸にみんなで集まって自然発生的に生まれた歌です。

この歌を聴くと、当時の島での生活、おしどまりYHの日常がそのまま浮かんできますよね。

IMG_0600.JPG

最初は『同じどんぶりで酒飲んで』というところは、ゴエモンは酒が飲めないので『同じどんぶりでメシ食って』と歌われていました。


nice!(0)  コメント(0) 

ひひ兄の忘れ物

リュウさんの道具箱の中から、出てきました。

IMG_1115.JPG

ひひ兄から借りて、まだ返していなかった三角刀。

「Hihiニッカ、よく飲んでたなあ~。」

「ひひ兄よ、必ず返すぜー!」

IMG_1116.JPG

ひひ兄の手ほどきで、時々ペンダントなどを彫っていたリュウさん。

お気に入りの人にプレゼントしていたらしいです。

当然、大半が女性で、今の奥さんももらったそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

2018 おしどまりの空の下へ②

2018年夏〝かっこいい奴”の歌詞さながらに、汽車で、船で、飛行機で、

昔の若者が様々な場所からおしどまりの空の下へ向かいます。

変わらないものを確かめるために・・・

あの頃の自分に会いに・・・・

IMG_0689 - コピー.JPG

心は、もう旅に出ています。

nice!(0)  コメント(0) 

2018 おしどまりの空の下へ

 jikaさ~ん! 40年ぶりの利尻はどうでしたか?

胸中、察するに余りあります。

履き物兄弟のさすらい旅は、まだ終わらないのかな?

2018 おしどまりの空の下へ それぞれの旅が始まりました。

さて2018年は、利尻でどんな奇跡が起こるかな?

IMG_0766.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

利尻への旅  ~変わらないもの~ [利尻へ]


  


 田中屋さんで 水道の蛇口をひねり 流れる水の中に 手を入れ

しばらくすると 耐えられない程の 冷たさに

初めて 利尻ユースを 訪れた時の事を 思い出した

今まで 忘れていたこの冷たさは 利尻だけと



 


nice!(0)  コメント(0) 

利尻への旅  ~君の名は  ジョジョ~ [利尻へ]

 わたちの名前は 「グンソウ」

ご主人の こはる嬢ちゃんが 名前を付けてくれました

女の子なんだから かわいい名前がよかったな~

まだ生まれて 三か月 お転婆な女の子です

jyojyo3.jpg


今回の利尻への旅のお供です

ご主人さま・お父さん・おじちゃん・おばあちゃんといっしょ

車の中で 飛び跳ねてます

おばあちゃんは 隠れて食べ物を 食べさせてくれますが

ご主人さまに見つかると 叱られます

自分だって 子どものころ わがままばっかり言って

甘えていたのに   フン!

jyojyo2.jpg


 新潟港で フェリー乗船の時間があったので

おじちゃんと近くの公園で 遊んでいると ライダーの若い男の子が

”ジョジョに出てた犬ですか?”と聞かれたが おじちゃんは ”????”

わたちは 漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」にでてるの

若い人たちに 人気ですが おじちゃんは ゴルフ雑誌しか読まないから知りません

必死に ネットで調べていました 

わたちは お昼寝です

jyojyo4.jpg


 札幌の デンジャラスな動物園 ”ノースサファリ” にご主人さんとおじちゃんが 行ってきました

ご主人さまは 首にニシキヘビを巻いて 喜んでいました

おじちゃんは ”ライオン釣り” に興味を持って 鶏肉でライオンが釣れるのなら

わたちで 女の子が釣れるのでは・・・・・と思い

「君の名は ジョジョだよ」と勝手に改名です

そして 女の子のいっぱいいる観光地で 「ジョジョ ジョジョ」と

わたちを 呼びますが・・・・ 無視です 当然 女の子にも相手にされません

愚かなおじちゃんです

jyojyo1.jpg


 ドタバタしながら ”ジョジョの北海道の冒険”  は続くのです


                            by じょじょ


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -