So-net無料ブログ作成

『ああ利尻島』に込められた思い・・・1

 稚内からは飛行機を乗り継いで一気に帰路につきます。

中継地点の札幌に着くとナオさんから驚きの電話がありました。

「どうしてあの時(イベント前夜の打ち合わせの時)、何も言わなかったんですか?

本当にあれでよかったんですか?」・・・

そういえば島に着いてまず私達がしたことは、兄さんへの歌の奉納でした。

あの時、同行していたナオさんがこんなことを言いました。

「『ああ利尻島』って元気なイケイケの歌だと思っていたけど、こんなに哀愁を帯びた歌だったんですね。

 全然違う歌に聞こえました。感動しましたぁ。」・・・

IMG_1323.JPGIMG_1324.JPG

そうです。『ああ利尻島』は島で過ごした

かけがえのない時間と

島で出会った大切な人達を胸に刻み、

別れのつらさをかみしめる・・・

港では誰もがそんな思いを込めて

                         歌った曲です。 

    私達にとっては、哀愁たっぷりの        IMG_1331.JPG

    大事な大事な歌でした。 

IMG_0973.JPG 


 

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。